健康2

「ビタミンC」と、ビタミンB群の一種である「パントテン酸」は、ストレスに対抗するホルモンの合成に不可欠なもの。抗ストレス作用があり、イライラをやわらげるのに役立ちます。

そのほか、心理的・身体的なストレスの軽減にかかわる「マグネシウム」や、神経の興奮を抑える働きがある「カルシウム」も、イライラの緩和に役立ちます。また、エネルギーが不足すると、体だけでなく気持ちも不安定になる傾向があります。そんなときは、エネルギーの代謝に必要な「ビタミンB1」を意識して摂ってください。

肌を構成する材料として、タンパク質は必要不可欠。タンパク質はアミノ酸から成るため、アミノ酸の代謝に必要な「ビタミンB6」や、タンパク質の合成に欠かせない「亜鉛」が不足すると、肌荒れを招きます。

また、臓器や筋肉を支えるコラーゲンの合成には、「ビタミンC」が必須です。さらに、新陳代謝にかかわる「ビタミンA」、“皮膚のビタミン”といわれ、タンパク質や脂質の代謝にかかわる「ビタミンB2」も、日ごろから不足しないよう心がけたいものです。

シミ・シワの大きな原因のひとつは、紫外線です。日々の生活の中で紫外線を浴び続けると、肌の老化を招く活性酸素が体内に発生し、シミやシワを引き起こします。これを防ぐには、抗酸化ビタミンである「ビタミンC」「ビタミンE」を摂ることが大切です。また、緑黄色野菜に含まれ、体内でビタミンAになる「βカロテン」も、抗酸化物質として作用します。

ちなみに、ビタミン・ミネラルではありませんが、リコピンやポリフェノールといった抗酸化物質も、シミ・シワ予防に役立ちます。

食事でとることが大事ですが、すべて補うのは難しいです。たけぐち整骨院ではサプリの相談も受けつけてます。

お気軽にお問い合わせください。

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930