健康

疲労回復ビタミン”と呼ばれる「ビタミンB1」の補給。ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わるときに必要で、不足すると糖質が分解されず、活動のためのエネルギーも不足し、疲労がたまりやすくなります。さらに脳や神経にエネルギーが送られず、疲労感やだるさを引き起こすこともあります。

また、「鉄」は酸素を全身に運ぶ赤血球の材料に。不足するとエネルギー代謝が滞り、無力感を招きます。そのほか臓器の新陳代謝の低下も疲れの原因に。アミノ酸の代謝やタンパク質の合成を助ける「ビタミンB6」「亜鉛」を摂取します。

食欲不振も不眠と同様、原因が多岐にわたるもの。そのため、疲れが原因なら「ビタミンB1」、ストレスなら「マグネシウム」など、原因に応じて、ビタミン・ミネラルを摂ることが大切です。

また、「鉄」が欠乏して貧血になると、食欲不振を招くことも。鉄に加えて、赤血球の構成材料となるタンパク質の代謝に必要な「ビタミンB6」を摂りましょう。さらに、味覚障害が原因の場合は「亜鉛」を補給。亜鉛が不足すると、舌などにあって味を感じる「味蕾(みらい)」の細胞が生まれ変わりにくくなり、味覚障害を引き起こします。

食事で摂取するのは限界があります。たけぐち整骨院ではサプリの相談も受け付けてますのお気軽にお問い合わせください。

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930