腰痛について

腰がいつの間にか老化によって変化してしまうのですが、
こうした事が知らない間に起きてしまっていて、腰というのを痛めてしまうようです

なので、腰痛を起こすのは、ほとんどがある程度年をとった人が多いのですが、これも筋肉がいつの間にか硬くなってしまい上手く体を支えられなくなってしまうことが原因です。

腰と言うのは、若いころから、全身を支えますが、しかし、それがある時を境に、いつのまにか腰痛が起きてしまうのですが、体というのは、いつのまにか変化をするようになってしまっています。

こういう風に筋肉が変化してしまうので、腰痛が起きてしまうのですが、やはり、老化と言うのは、あまり良くないことでもありますね。

そうはいっても、生理的な現象であるだけにどうにもできないのですが、しかし、腰痛というのは基本的にそういうものだと理解しておいた方がいいようです。

なので、ある程度、歳をとってくるといつのまにか腰痛に襲われると言う人が多くなってしまって、若いころはそう言う事を感じなかった人も、腰痛に悩まされるということになります。


こればかりは避けることができないのですが、しかし、できれば老化による腰痛も上手く避けて、いつまでも元気でいたいものです。

淵野辺 整骨院

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930