老廃物を溜めない!リフレクソロジー

 老廃物が溜まると血流やリンパの流れがドロドロ。ドロドロになると酸素や栄養がスムーズに運べなくなる。慢性的な血行障害は冷えやむくみ、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌荒れなどの諸症状を引き起こす原因とされています。女性に重要なホルモンバランスや自律神経バランスを乱してしまうともいわれているので注意しましょう。

 老廃物が溜まった体は動きたくなくなります。週末は疲れてるから寝ていたいと感じませんか?日中は頭をフル回転させて、耐量の酸素を脳でつかっています。ずっと、PCに向き合っているとボーっとしてくるのは、体液の循環が滞っているからです。脳に酸素が届きにくくなって、酸欠状態になってしまいます。

 体の疲労バランスをととのえてあげれば、日常の重ダルさは軽減します。運動をして体をつかってあげると、全身がスッキリとしてヤル気が戻ってきます。でも、疲れきっていると週末は動くのすら辛いはず・・・日々の疲労によって老廃物を体に溜め込んでいると、頭ではわかっていても体が重くて運動することを拒絶してしまいます。

 体の違和感に気がつかないフリをして無視しつづけると生活習慣病に発展する恐れも。老廃物が溜まってドロドロになった血液は脳梗塞や脳溢血、静脈瘤の引き金になるといわれているので、最も注意が必要です。だからこそ、まずは体液の循環をととのえて、溜まった老廃物を体の外へ出してあげましょう。

 毎日のストレスは老廃物の蓄積 体液循環のとどこおり エネルギー生産の低下につながり体内環境が乱れていきます。脚から体液循環を元気にととのえて、溜まった老廃物をスゥーっと体の外へだすことが大切です。カラダに溜まった老廃物は身体機能を乱します。

体液循環の乱れ 代謝機能の乱れ 自律神経の乱れ ホルモンバランスの乱れ

 あたなの体には今の状態を維持しようとするチカラ(恒常性)が備わっています。体が重ダルい状態がつづいてしまうと「ダルいのが当たり前だぁ~」と認識してしまいます。だからこそ「いまの状態」をリセットすることが大切です。

 

淵野辺 整骨院